第69回全日本バレーボール高校選手権(春高バレー)は来年1月4日、東京体育館で開幕する。本県代表は男子で初出場の静清が開智(和歌山)と大会初日の1回戦で対戦する。

 持ち味の堅守で粘れるか、が鍵になりそうだ。22年連続出場の実力校、開智についてエース高橋邑は「レシーブがうまく、攻撃も技が巧み」と警戒する。多彩な攻撃に対抗するため、ブロックとレシーブの強化に取り組んできた。ブロックで期待されるのは1年のセンター榑林。山内監督は「技術、体力とも上がってきた」と成長を認める。

 攻撃では攻め抜く姿勢を貫けるかどうか。トスが乱れても相手にチャンスボールを与えず、打ち抜くか、ブロックに当てて...    
<記事全文を読む>