エース吉野優理(2年)のアタックが勝利への扉を開く。吉野はエンジンのかかりが遅いのが課題だが、全国の強豪に勝つためには序盤から高い決定力が求められる。吉野は「自分が先制点を取るという強い気持ちで試合に臨み、課題を克服する」と意気込む。菅原清監督は「吉野の調子が上がるまでチームに勢いが出ない。ブロック、相手を崩すサーブを鍛えてカバーする」とチームの底上げを誓う。

 前回大会は初戦で福井工大福井(福井)にストレート負け。この試合で悔しさを味わった5人が残っており、チーム一丸で雪辱を期す。

 身長175センチの吉野はパワー満点のスパイクが武器。力強いジャンピングドライブサーブ、安定したレ...    
<記事全文を読む>