◆女子、県岐阜商×松山東雲(愛媛) バレーボールの全日本高校選手権(来年1月4~8日・東京体育館)の組み合わせ抽選会が4日、東京都内で行われ、女子のシード勢は前回覇者で今夏の全国高校総体も制した下北沢成徳(東京)が初戦の2回戦で、福井工大福井と和歌山信愛の勝者と対戦する。

 高校屈指のアタッカー宮部を擁し、国民体育大会で優勝した金蘭会(大阪)は松商学園(長野)-岡崎学園(愛知)の勝者と初戦で戦う。

 男子のシード勢は総体で優勝した駿台学園(東京)が初戦の2回戦で、上越総合技術(新潟)-星城(愛知)の勝者と当たる。

 男子県代表の県岐阜商の1回戦は4日、洛南(京都)に決まった。洛南は予...    
<記事全文を読む>