バレーボールの第69回全日本高校選手権(春高バレー、来年1月4~8日・東京体育館)の組み合わせ抽選会は4日、東京都内で行われ、本県代表は男子の一関修紅(5年連続11度目)が高知(4年ぶり16度目)、女子の盛岡誠桜(3年連続22度目)は橘(神奈川、2年連続23度目)と来月4日の1回戦で対戦することが決まった。

 男子の高知は今夏のインターハイにも出場した高知商の4連覇を阻止しての全国切符。一関修紅は1年生から主力を張る3年生にとって集大成の大会となる。初戦を突破し、3連覇を狙う東福岡(6年連続8度目)に挑みたい。

 女子の盛岡誠桜-橘は10月の岩手国体1回戦と同カード。国体は盛岡誠桜...    
<記事全文を読む>