男子第67回、女子第28回全国高校駅伝は二十五日、京都・西京極陸上競技場を発着点に男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで争われ、男子県代表の伊賀白鳳が2時間5分31秒でゴールし5位入賞した。同校の入賞は3位でゴールした2013年以来3年ぶり。

 伊賀白鳳は1区の塩澤稀夕選手が、区間賞を獲得した名取燎太選手(長野・佐久長聖)から5秒差の2位で後続につなぐと入賞圏内で粘り続け最後は6位でタスキをつないだアンカーの田辺佑典選手が1つ順位を上げて5位でフィニッシュした。

 女子県代表の津商は1時間12分17秒の32位でゴールした。

...    
<記事全文を読む>