全国高校駅伝は25日、京都市の西京極陸上競技場発着コースで行われ、第67回の男子(7区間、42・195キロ)は39度目の出場となる倉敷(岡山)が2時間2分34秒で初の頂点に輝いた。4区の前田が区間賞の快走で首位を奪い、以降は独走した。第28回の女子(5区間、21・0975キロ)は、2区でトップに立った大阪薫英女学院がリードを守り、1時間7分24秒で2年ぶり2度目の優勝を果たした。

 県勢は、女子の土岐商が1時間9分43秒で14位。タイム、順位ともに10度目の出場を誇る同校の過去最高を更新した。男子の中京は2時間9分30秒で29位。

 土岐商は、1区の2年加藤優果が区間8位の走りで流...    
<記事全文を読む>