男子第67回・女子第28回全国高校駅伝競走大会は25日、京都市の西京極陸上競技場を発着とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロのコースであった。都道府県代表の男女各47校が出場。県代表男子の東明(6年連続15回目)が2時間5分22秒のタイムで、同校の過去最高順位となる4位フィニッシュし、2008年の第59回大会以来、8年ぶり2回目の入賞を果たした。

 東明は1区の伊東颯汰主将(3年)が11位発進し、流れをつくった。2区の木付琳(2年)が9位に順位を上げ、3区のベヌエル・モゲニ(1年)が6人を抜く快走で3位に浮上した。4区の麻生樹(2年)、5区の熊谷奨(1年)...    
<記事全文を読む>