男子第67回、女子第28回の全国高校駅伝競走大会は25日、京都市西京極陸上競技場を発着するコースで行われ、男子(7区間42・195キロ)の佐久長聖が2時間3分16秒で2位、女子(5区間21・0975キロ)の長野東は1時間8分54秒の県高校最高記録で過去最高の6位に入り、長野県勢初の男女アベック入賞を果たした。

 佐久長聖は名取燎太選手、長野東は和田有菜選手がそれぞれ1区で区間トップを奪う快走を見せた。佐久長聖は3区までトップでたすきをつなぎ、長野東は最終5区にたすきが渡るまで2位を走った。エースが築いた良い流れを生かし、最後まで上位争いを繰り広げた。

 佐久長聖は2013年から4年...    
<記事全文を読む>