全国高校駅伝が25日、京都市内で実施され、男子で7年ぶり2度目出場の武蔵越生は、2時間7分31秒で20位。女子で初出場の本庄東は、1時間11分30秒で30位だった。■全国での経験糧に/女子・本庄東 初の都大路を駆け抜けた女子の本庄東は1時間11分30秒で30位。日下部監督は「ここで力を発揮するのは難しい。もっと場数を踏まないといけない。力不足です」と全国レベルとの差を認めた。

 「(1区の)宮坂朋が入った順位がそのまま最終順位になる」(日下部監督)。目標としていた8位入賞へはエースの好走が絶対条件だった。

 だが「考えが甘かった。全国の強さを痛感した」と宮坂朋。トップとは1分19秒...    
<記事全文を読む>