■女子レース経過 清和は出だしで貯金をつくり、粘り強くたすきをつないで30番台を守った。1区の大久保麻紀は快調な走りで26位につけた。2区で35位に後退したが、3区森は36位にふみとどまり、4区内川も順位をキープ。最終5区の江口は遊学館(石川)、智弁学園(奈良)とのトラック勝負にもつれ込んだが、わずかに及ばず38位でゴールした。■清和、記録も更新 清和にとって、55位に終わった昨年の悔しさを振り払うレースだった。目標の25位には届かなかったが、4度目の全国大会で最高の38位。「レースは笑顔を忘れずに」という樋渡朋子監督の言葉通り、アンカーの主将、江口涼香はにこやかにゴールし、タ...    
<記事全文を読む>