師走の都大路を駆け抜ける全国高校駅伝は25日、京都市の西京極陸上競技場発着コースで男女各47校が競い、第67回の男子(7区間、42・195キロ)は倉敷(岡山)が2時間2分34秒で初優勝した。第28回の女子(5区間、21・0975キロ)は、大阪薫英女学院が1時間7分24秒で2年ぶり2度目の優勝。大会初の男女連覇を目指した世羅(広島)は男子が7位、女子は8位に終わった。

 39年連続39度目出場の倉敷は4区前田舜平(しゅんぺい)選手がトップに立ち、逃げ切った。岡山県勢の男子優勝は初めて。世羅は1区で出遅れ、3連覇を逃した。西京(山口)は33位、鳥取城北は37位、出雲工(島根)は39位...    
<記事全文を読む>