男子第67回全国高校駅伝は25日、京都市の西京極陸上競技場を発着する7区間42・195キロであり、6年連続29度目出場の兵庫代表、西脇工は6位でフィニッシュし、4年ぶりに入賞した。優勝は倉敷(岡山)で、初の栄冠に輝いた。

 女子は、兵庫の西脇工が過去最高の2位に入った。同校のアベック入賞は1991年以来、25年ぶり。兵庫勢の同一校の男女入賞は2010年の須磨学園以来。

...    
<記事全文を読む>