全国高校駅伝競走大会の開会式が二十四日、京都市のハンナリーズアリーナであり、県代表の美方高校男女メンバーも元気な姿で参加、二十五日のレースでの健闘を誓った。

 県予選後、男女ともけが人が続出したが、現在、メンバーの体調は万全。二十四日の練習は、軽いランニングの後に千メートルを走り、あえて心身に刺激を与えた状態で本番に臨む。

 堀真浩監督は「部員は気合十分。男女ともに三十位台を目指す」と意気込みを話した。

 (小川祥)

...    
<記事全文を読む>