男子第67回・女子第28回全国高校駅伝競走大会の開会式が24日、京都市内であり、県代表の男子・鳥栖工、女子・清和の選手たちが本番に向け気持ちを高めた。大会は25日、同市の西京極陸上競技場を発着点に男子(7区間42・195キロ)と女子(5区間21・0975キロ)のコースで各47校が参加して開かれる。

 開会式に続く激励会では中倉政義県議会議長と、熊崎知行県副教育長が「目標を達成できるよう健闘を祈る。学校の歴史に新しい1ページをつくってほしい」とエール。鳥栖工の井手孝一主将は「一人一人悔いを残さないよう頑張る」、清和の江口涼香主将は「笑顔でたすき渡しをしたい」と抱負を述べた。

 鳥栖工...    
<記事全文を読む>