25日に京都市西京極陸上競技場を発着点に行われる男子第67回、女子第28回全国高校駅伝の開会式が24日、同市のハンナリーズアリーナであった。3年連続アベック出場の西脇工(兵庫)の選手らは落ち着いた表情で臨み、気持ちを高めた。

 初優勝を狙う女子の西脇工は田中、高橋、後藤の3本柱が順当に主要区間を担う。持ちタイム4番手の今枝が脚の故障で欠場するが、前田監督は「全員が悪くない状態。みんなでカバーしたい」と冷静だった。

...    
<記事全文を読む>