男子第67回、女子第28回の全国高校駅伝(25日・西京極陸上競技場発着)の開会式が24日、京都市のハンナリーズアリーナで行われ、前回史上2校目の男女優勝を果たした世羅(広島)の岩本真弥監督は「厳しいが、プレッシャーはない。チャレンジャーです」と自然体での快走を見据えた。

 世羅の吉田圭太主将が「度重なる災害で被災された方々に元気と勇気を送り届ける」と選手宣誓した。

 県勢は男子が酒田南、女子が山形城北がそれぞれ出場する。

...    
<記事全文を読む>