高校の枠を超えたスピードに乗った走りで活躍が期待された学法石川高のエース遠藤日向選手(3年)がインフルエンザのため全国高校駅伝競走大会を欠場、松田和宏監督は「本人は悔しい思いをしている。遠藤の分までこのメンバーで頑張りたい」と気持ちを切り替えた。

...    
<記事全文を読む>