駅伝の男子第67回、女子第28回全国高校大会は25日、京都市の西京極陸上競技場を発着点とするコース(男子=7区間42・195キロ、女子=5区間21・0975キロ)で行われる。各都道府県の代表47校が参加し、徳島県からは男子のつるぎ、女子の鳴門が出場。美馬商、貞光工時代を含め2年ぶり26度目の挑戦となるつるぎは30位台、5年連続14度目の鳴門は20位台を目標に掲げる。レースは午前10時20分に女子、午後0時半に男子がスタートする。

 ◎つるぎ、序盤の出来が鍵 男子 1区を走るエース土井の出来が順位を左右しそうだ。好位置に付け、後続の奮起につなげたい。

 土井は20位台後半から30位台...    
<記事全文を読む>