全国高校駅伝(25日・京都)に初出場する女子の本庄東の壮行会が16日、本庄市役所で開催され、市民や市職員ら約200人が部員や監督を激励した。

 選手8人と監督、スタッフらは午前中、学校の壮行会に参加。終了後、市役所に駆け付けた。県大会の優勝旗を掲げた選手たちがホールに入場すると、市民からは温かい拍手が巻き起こった。

 壮行会では、吉田信解市長が「学校のたすきを頑張ってバトンタッチし、立派に(都大路を)走り抜けてもらいたい。25日はみんなで応援したい」とあいさつ。小林玉枝校長、日下部秀一監督が支援への感謝の言葉を述べた。日下部監督は「初出場が4校という中で注目されるが、本庄という名前...    
<記事全文を読む>