25日に京都市の西京極陸上競技場を発着点に行われる全国高校駅伝競走大会に男女そろって出場する智弁学園高校陸上部の壮行会が14日、五條市野原中4丁目の同校(手塚彰校長)であり、全校生徒がエールを送った。

 男子は22年連続32回目、創部4年の女子は2年連続2回目。同校としての出場は今年が最後で、男子の小川弘晃主将は「今までの感謝の気持ちで全力で走ります」と決意表明。各選手も「目標タイムを切りたい」「応援してくれる人の気持ちに応える走りをする」などと誓った

...    
<記事全文を読む>