京都市で25日に開催される男子全国高校駅伝に出場する武蔵越生高校陸上部の壮行会が13日、越生町の同校で行われ、選手たちは全国大会での活躍を誓った。

 全校生徒約1075人や教職員らが参加した壮行会で大塚英男校長は「韋駄天(いだてん)のごとく都大路を走り、優勝目指して全国に武蔵越生の名をとどろかせて」と激励。生徒会長で2年の水落竜也さんは「つらくなったりしたときは、今まで努力して頑張ってきた自分を思い出し、自分ならできる、自分たちなら勝てるという強い気持ちを持って臨んでください。皆さんならきっと勝てます」とエールを送った。

 激励を受け、3年の萩原海主将は「全国大会では県代表、武蔵越...    
<記事全文を読む>