全国高校駅伝(25日・京都)に男女そろって出場する小豆島高(香川県小豆島町)陸上部駅伝チームの練習が熱を帯びている。メンバーは都大路の晴れ舞台に向け、「力を合わせて、目標記録を更新したい」と意気込んでいる。

 全国出場は男子が初、女子は2年連続5度目。来春の土庄高(土庄町)との学校統合を控え、現校名で最後の挑戦となった県予選(11月6日・坂出市)で、史上初めて男女ダブル優勝を成し遂げた。

 メンバーは今月初め、町役場内海庁舎を訪れ、塩田町長や後藤巧教育長らに出場を報告。男子10人、女子8人の選手全員が一言ずつ抱負を述べた。

 選手たちは、男子が県高校最高記録(2時間8分13秒)、女子...    
<記事全文を読む>