土浦日大の菅原主将と延岡学園の水谷が共にチームの準々決勝進出に貢献した。2人は岩手県一関市桜町中の同級生で、2013年の全国中学大会で16強入りしたメンバー。幼稚園から中学卒業までの12年間を一緒に過ごした間柄で、2人とも「決勝で対戦するまでは負けられない」と意気込む。

 それぞれ憧れの先輩が所属する学校でのプレーを望み、地元を離れた。東北の強豪校から誘いがあった菅原は、プロ選手を含めた日本代表候補に選出された杉本(秋田・山王中出)と一緒に「日本一を目指す」と土浦日大へ。昨年は、決勝で争った明成(宮城)の3連覇を間近で見届け「あの悔しさは忘れられない」と表情を引き締める。

 11、...    
<記事全文を読む>