全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会第2日は24日、東京体育館で行われ、女子2回戦では山形商が松江商(島根)を、湯沢翔北(秋田)が那覇(沖縄)を下して3回戦進出を決めた。聖和学園(宮城)は前回優勝の岐阜女に、郡山商(福島)は昭和学院(千葉)に敗れ姿を消した。<高さに屈し金星ならず> 聖和学園は岐阜女の高さを生かした攻撃に屈した。セネガル人留学生の長身センター2人に計44点を奪われ、小野コーチは「全ての力を出して立ち向かったが、異次元だった」と参った様子だった。

 開始直後こそ、相手センターを複数で取り囲んで優勢に進めたが、第2クオーター以降は190センチのディヤサンらにゴール...    
<記事全文を読む>