バスケットボールの全国高校選抜優勝大会第2日は24日、東京体育館で行われ、本県代表は男子の浜松学院が100―83で松江西(島根)を下し1回戦を突破した。女子の浜松開誠館は59―52で就実(岡山)を破り、3回戦に進んだ。 浜松学院は2年エースのダシルバ・ヒサシを軸に序盤から猛攻を仕掛けて大量点を奪った。浜松開誠館は最大10点差を逆転勝ち。競り合いになった後半、エース石田悠月や1年鈴木侑らが要所で得点した。 全国高校総体、国体と合わせて3冠を狙う桜花学園(愛知)は倉吉北(鳥取)を139―42で退けて初戦に大勝し、3回戦に進んだ。前回優勝の岐阜女は82―59で聖和学園(宮城)を下...    
<記事全文を読む>