全国高校選抜優勝大会は24日、東京体育館で第2日の女子2回戦と男子1回戦を行い、女子で28年連続35度目出場の札山の手が龍谷富山に115―65で大勝し、3回戦に進んだ。池田が3点シュートを14本成功させて42得点を挙げ、東藤も23得点と活躍した。

 全国高校総体、国体と合わせて3冠を狙う桜花学園(愛知)は倉吉北(鳥取)を139―42で退けた。前回優勝の岐阜女は82―59で聖和学園(宮城)を下して初戦を突破した。

 男子1回戦では、福岡大大濠や初出場の平成(秋田)が勝って2回戦に進んだ。前回準優勝の土浦日大(茨城)は86―59で東海大諏訪(長野)を退けた。女子の札山の手は25日の3回...    
<記事全文を読む>