しつこく相手を追い回し、ミスを誘う-。女子の富士学苑は2点差に迫られて迎えた第4クオーター、本来の粘り強い守備を取り戻した。鉄壁の守備で同クオーターを5失点に抑え、「これがいつも練習している形」。チームトップの21得点をマークした今井美沙樹は胸を張った。...


...    
<記事全文を読む>