バスケットボールの第47回全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)は23日、東京体育館で開幕し、男女1回戦を行った。女子県代表の東海大諏訪は57―70で土浦日大(茨城)に敗れ、3年連続で初戦敗退した。

 東海大諏訪は守備とリバウンドで粘り、第2クオーター(Q)を31―34で終えた。ただ、試合を通じて外からのシュートが低調。第3Qは相手が敷いたゾーン守備にもてこずって6得点にとどまり、突き放された。

 男子は、4連覇が懸かっていた明成(宮城)が尽誠学園(香川)に68―81で敗れた。

 男子県代表の東海大諏訪は24日の1回戦で土浦日大(茨城)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>