バスケットボールの全国高校選抜優勝大会は23日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、男子で4連覇が懸かっていた明成(宮城)が尽誠学園(香川)に68―81で敗れた。本県男女代表校はそろって初戦を突破した。

 女子・いなべ総合は延長戦の末、足羽(福井)を89―84で下した。男子・四日市工は71―52で佐賀東を破った。いなべ総合は24日の2回戦で作新学院(栃木)と、四日市工は25日の2回戦で米子工(鳥取)と対戦する。

 男子1回戦では、近大付(大阪)は実践学園(東京)に70―63で競り勝った。女子は昨年3位の昭和学院(千葉)が富岡東(徳島)に72―52で快勝。前回ベスト4の聖カタリナ学園...    
<記事全文を読む>