東京体育館で23日に開幕した全国高校バスケットボール選抜優勝大会男子1回戦で、明成は尽誠学園(香川)に68-81で敗れた。4連覇の夢が初戦でついえたが、応援に駆け付けた部員や保護者らは、最後までコートを走り回った選手たちをねぎらった。

 2回戦で敗れた今夏の全国高校総体の悔しさを晴らそうと臨んだ大会。前半に最大10点差をつけられながらも一時は逆転。しかし、3連覇中の重圧からか、後半に再び引き離される。残り時間が短くなる中、ベンチやスタンドから「まだいけるぞ」と励ましの声が飛んだが、ミスを重ねて流れを呼び戻せなかった。

 先発出場した伊藤修人選手(3年)の母紀美江さん(55)=仙台市...    
<記事全文を読む>