【東京支社】バスケットボールの全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)は23日、東京体育館で開幕して男女1回戦が行われ、県勢は男子の盛岡南が東海大札幌(北海道)を71-55で下し、12年ぶりの出場を白星で飾った。県勢男子の初戦突破は3年ぶり。4年連続出場した女子の一関学院は旭(神奈川)に55-74で敗れ、2年連続の初戦突破を逃した。

 盛岡南は前半、ポイントガード渋田怜音主将(3年)が15点を挙げる活躍で29-24とリード。第3クオーター途中に同点とされたが、センター永田渉(3年)らの得点で再び抜け出した。

 一関学院は第1クオーター中盤に逆転されると、その後もリードを広げられ27...    
<記事全文を読む>