バスケットボールの全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)は23日、東京体育館で開幕する。福井県代表で38年連続39度目出場の男子北陸は、試合数をこなして粘り強さが出てきた。同県代表で5年連続22度目となる女子足羽は走力に高さが加わり、攻撃の幅が広がった。男子北陸は25日に美濃加茂(岐阜)と福岡大大濠の勝者と、女子足羽は23日にいなべ総合(三重)との初戦に臨む。

 ■北陸 北信越国体で敗退。思い通りの成績が残せなかった悔しさから、「意識的に」(久井茂稔監督)試合数を増やした。公式戦や練習試合など30試合以上をこなし、チームは仕上がりつつある。

 中心はマリ共和国出身、身長207セン...    
<記事全文を読む>