年末年始に行われる高校スポーツの全国大会は、23日のバスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)を皮切りに、全国高校駅伝、同ラグビー、同サッカー、全日本バレーボール選手権大会(春高バレー)と、順次熱戦が幕を開ける。県予選を勝ち上がった本県の代表校は、全国大会の常連から初出場まで多彩な顔ぶれ。大舞台を間近に控えた各校の戦いを展望する。

 ◇     ◇バスケ男子(23~29日・東京)【平成・初出場】 能代工の全県総体48連覇を阻止して出場した中国インターハイ(IH)に続き、初のウインターカップ出場権も手にした。ウインターカップ県予選では全試合を100点ゲームで勝ち上がる圧巻の強...    
<記事全文を読む>