30日に東京・駒沢陸上競技場で開幕した全国高校サッカー選手権の熊本代表、ルーテル学院高に本県出身の4人がメンバー登録されている。4月の熊本地震で学校が被災し、地域の人たちと復興支援の日々を過ごした。選手は「サッカーができる喜びをかみしめ、感謝の気持ちで試合に臨みたい」と意気込む。

 メンバー入りしたのは県内に3拠点を持つリベルダージFC(藤井克成代表)出身の谷本玲弥(3年、富士宮大富士中出)、三上宗一郎(2年、富士宮三中出)、秋山蓮(2年、富士宮二中出)、稲葉力丸(2年、富士鷹岡中出)の4選手。藤井代表と同校の小野秀二郎監督が駒沢大の先輩後輩の縁で、メンバー外の選手を含め6人がサ...    
<記事全文を読む>