サッカーの第25回全日本高校女子選手権は30日、兵庫県で開幕し、1回戦16試合が行われた。13年連続13度目出場の福井工大福井(福井、北信越2位)は前回準優勝の神村学園(鹿児島、九州2位)に0-1で敗れ、初戦突破はならなかった。2連覇を目指す藤枝順心(静岡、東海1位)は開志学園(新潟、北信越1位)に5-1で快勝した。

 福井工大福井は前半、神村に攻め込まれる展開が続いたがDF陣を中心にしっかり対応し、ゴールを許さない。そこからカウンターを試み、計5本のシュートを放つも得点を奪えず、0-0で折り返した。

 後半は、高さのあるFW竹田うみを投入し、前線の枚数を増やして攻め立てた。だが後...    
<記事全文を読む>