サッカーの第25回全日本高校女子選手権(神戸新聞社後援)は30日、兵庫県三木市の三木総合防災公園などで開幕して1回戦16試合があり、開催県枠で初出場の北須磨は0-8で北海道文教大明清に敗れた。

 初出場の北須磨は、第1回大会から25回連続出場中の北海道文教大明清に屈した。動画で相手を研究し、粘り強く守りきるプランを立てたが「実際やってみるとスピードが全然違った」と柴田主将。簡単に最終ラインの裏をとられ、前半だけで6失点した。

...    
<記事全文を読む>