【東京支社】第95回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開会式を行い開幕した。本県代表で4年連続26度目出場の遠野はきびきびとした入場行進を見せ、来月2日の初戦へ気持ちを新たにした。

 各都道府県代表48校(東京は2校)が、前回優勝の東福岡(福岡)を先頭に北から順に入場した。強い風が吹き抜ける中、遠野は旗手のFW佐々木琢光(たくみ)(3年)を先頭に寒さに負けじと力強い掛け声を響かせ、堂々と行進した。

 選手宣誓は青森山田の住永主将が務め、11月に航空機墜落事故でシャペコエンセ(ブラジル)の多くの選手が犠牲になったことなどに触れ「この場に立てる幸せに感謝しています」...    
<記事全文を読む>