第25回全日本高校女子サッカー選手権大会がきょう30日、兵庫県神戸市などで開幕する。北海道代表の大谷室蘭は29日、初戦の大商学園(大阪)戦に備えて、神戸市内の神戸学院大学グラウンドで練習した。  チームは26日から28日まで、大阪での「なでしこU―18交流試合in関西2016」で7試合をこなすハードスケジュールとなったが、関西入りまで2週間ほど屋外練習から遠ざかっていただけに、渡辺純一監督は「実戦で練習できたのは大きい」と調整の成果に目を細めている。

 29日の練習は1時間半程度の軽めの調整。アップに続いて、パスやシュート、PKの練習などを行った。気温は10度前後とやや肌寒かった...    
<記事全文を読む>