三十日に兵庫県内で開幕する全日本高校女子サッカー選手権大会を前に、磐田東(東海二位)が二十九日、神戸市東灘区のカナディアンアカデミーで最終調整を実施した。エースのFW藤田桃加選手(三年)は「得点をマークしてチームの全国大会初勝利に貢献したい」と意欲を燃やす。

 磐田東は四大会ぶり五回目の出場だが、過去の四回はいずれも初戦敗退で1得点も奪えていない。だからこそ藤田選手は得点へのこだわりをのぞかせた。

 磐田東の練習は約一時間半。軽いウオーミングアップの後、攻守の切り替え、シュート練習などで汗を流した。藤田選手は切れ味鋭いドリブルで好調をアピールしていた。

 けが人続出のため、サイドハー...    
<記事全文を読む>