サッカーの第25回全日本高校女子選手権大会が30日~来年1月8日まで神戸市須磨区のユニバー記念競技場、三木総合防災公園など、兵庫県内各地で開かれる。全国の予選を勝ち抜くなどした32校が頂点を争い、兵庫県からは日ノ本、神戸弘陵、北須磨の3校が出場する。

 過去3度の優勝を誇る日ノ本は2大会ぶりの王座奪還を目指す。第1日(30日)の1回戦では星槎国際湘南(神奈川)を迎え撃つ。

 神戸弘陵は2年連続2度目の出場。堅守速攻を武器に、関西選手権で初の4強入りを果たした。末次と井沢の2トップを中心に、今大会初白星を目指す。1回戦は十文字(東京)と対戦する。

 北須磨は開催県枠で初出場。クラブチー...    
<記事全文を読む>