サッカーの全国高校選手権と全日本高校女子選手権の開幕を控え、2016年の福井県高校サッカー界を振り返る。男子は選手権予選、ユースリーグとも北陸が結果を残し、かつて揺るぎない立場にあった丸岡が影を潜めた。

 ▽高校男子 全国高校選手権の出場を懸けた福井県大会は、北陸が5年ぶり4度目の頂点に立った。準決勝で啓新を2―1、決勝で福井商業を2―1と、ライバルを接戦の末に下した。決勝は同点で迎えた後半ロスタイム、FW舘日向がCKを頭で合わせて決勝ゴールを奪い、勝負強さを印象付けた。

 5年前の選手権初戦では大分に0―10の記録的大敗。過去3度の全国舞台で、いまだ勝利はない。今大会は12月31...    
<記事全文を読む>