30日に兵庫県内各地で開幕する全日本高校女子サッカー選手権に初出場する北須磨高校は、引退していた3年生4人が現役復帰して晴れ舞台に臨む。受験直前までボールを追うことになるが、「サッカーも受験もやりきる」と参考書を携えてグラウンドに通っている。

 柴田祥歩主将(18)、福沢明音さん(18)中尾美風さん(17)、池田彩夏さん(18)。同校は卒業生の3分の1が国公立大に現役で進学しており、国公立や私立大を志望する4人も1月14、15日のセンター試験を受ける。

 3学年12人で9月の関西選手権兵庫県予選に出場。粘り強く守って過去最高の3位に躍進した。10月8日の大会終了とともに3年生4人は...    
<記事全文を読む>