サッカーのプリンスリーグ関東参入戦最終日は25日、千葉県の市原スポレクパークで決定戦2試合が行われ、昌平高は千葉ユースに延長戦の末に0―1で競り負け、2年ぶりの昇格を逃した。

 昌平高はサイドから中央にボールを送り、好機を作った。守備は千葉の高さを生かした力強い攻撃をしのいで一進一退の攻防が続いた。

 両チームともチャンスを決め切れずに0―0で延長戦へ入った。昌平高は松本を中心に攻めたが、後半終了間際に失点を許して万事休した。

...    
<記事全文を読む>