第95回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕し、48代表校(東京2校)が首都圏9会場で日本一を争う。高円宮杯U-18(18歳以下)チャンピオンシップを制し、Jリーグのユースも含めたこの年代の頂点に初めて立った青森山田が優勝争いの中心となる。夏の全国高校総体との2冠が懸かる市船橋(千葉)も有力だ。

 青森山田はU-19日本代表でJ1のFC東京入りするGK広末を擁し、守備力が高い。背番号10のMF高橋やFW鳴海ら攻撃陣がかみ合えば、悲願の選手権初制覇が見えてきそうだ。

 市船橋はハイレベルな千葉大会で勝負強さを発揮し、接戦の連続を勝ち上がった。J1新潟入りが決まっ...    
<記事全文を読む>