サッカーの全日本高校女子選手権は30日から延べ5日間、兵庫県に各地区予選を勝ち抜いた32校が出場して開かれる。県勢は四国代表として四学香川西が初出場。初勝利を目指して大会第1日の30日、淡路島の五色台運動公園サブグラウンドで北信越代表の高岡商(富山)と対戦する。

 四学香川西は創部3年目。1、2年生中心の若いチームで、今夏のインターハイに初出場を果たすなど力を付けてきている。11月の四国大会は、1回戦で松山東雲(愛媛)、準決勝では徳島市立にそれぞれ7―0で大勝。決勝は鳴門渦潮(徳島)に1―2で惜敗したが、準優勝で初の本大会出場を決めた。

 基本布陣は4―4―2。サイドからの攻撃が持...    
<記事全文を読む>