第95回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕し、48代表校(東京2校)が首都圏9会場で日本一を争う。高円宮杯U-18チャンピオンシップを制し、Jリーグのユースも含めたこの年代の頂点に立った青森山田が優勝争いの中心になりそう。夏の全国高校総体との2冠が懸かる市船橋(千葉)も有力だ。

...    
<記事全文を読む>