サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プリンスリーグ東海参入戦は17日、ゆめりあ球技場などで2試合を行い、本県代表の藤枝東高は1回戦で帝京大可児高(岐阜)を1-0で破り、来季昇格へ王手をかけた。

 藤枝東高は後半11分、ロングスローからのこぼれ球を秋田賢吾が押し込んで決勝点を奪った。

 同リーグに2チームが昇格する。藤枝東高は18日に刈谷高(愛知)に勝てば昇格。負けた場合は帝京大可児高―津工高(三重)戦の勝者と23日に決定戦を行うが、帝京大可児高が勝った場合は1回戦と同カードになるため藤枝東高が昇格する。

 藤枝東高 1(0―0 1―0)0 帝京大可児高(岐阜) 刈谷高(愛知) 4...    
<記事全文を読む>