サッカーの第95回全国高校選手権に2年連続3度目の出場をする正智深谷が13日、さいたま市北区の埼玉新聞社を訪問した。小島時和監督は「(2013年に)高校総体で3位になったのを見て入ってきた子たち。意識が高く、能力も持っている。全国が楽しみ」と心待ちにし、選手の活躍に期待を寄せた。

 小島監督とともに、世佐木佳紀教頭、四方田美徳事務長、福田一正部長、小山開喜主将、新井晴樹副主将、FW田島帆貴、GK戸田海斗の4選手も来訪した。

 埼玉大会では初戦の2回戦から無失点で勝ち上がり、決勝の1失点が今大会初失点と堅守が光った。決勝は浦和南と対戦し、先制して追い付かれ、PK戦で決着した。伝統校と...    
<記事全文を読む>