サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プレミアリーグ東地区は4日、J―STEPなどで第17節3試合を行った。前節まで首位FC東京に勝ち点4差だった清水ユースは青森山田高に0―2で敗れ、優勝の可能性が消滅した。最終節は11日。

 ▽東地区 青森山田高(33) 2(1―0 1―0)0 清水ユース(27)■攻守に精彩欠く 清水ユースはボールを支配したが、攻守に精彩を欠いた。

 前半4分、FW平墳(ひらつか)が青森山田高GKとの1対1を阻止され、33分のMF望月陸のヘディングはバーにはね返された。38分にも望月陸がシュートを放ったが、無得点に終わった。

 守備陣は体を張って奮闘したが、26...    
<記事全文を読む>