第95回全国高校サッカー選手権(30日~来年1月9日)に県代表として出場する富山第一の大塚一朗監督と久保佳哉主将(3年)、大江紘丈副主将(同)が2日、北日本新聞社を訪れ「前回大会のベスト8を越えて優勝を狙う」と意気込みを語った。

 富山第一は2年連続27度目の出場。2日の2回戦から登場し、午後2時10分から横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で2年連続15度目の出場となる那覇西(沖縄)と対戦する。

 大塚監督は那覇西について「攻撃力が高いツートップがいる」と指摘し「『堅守速攻』を軸に、相手にボールを渡さないようにしながら得点を決めたい」と話した。

 久保主将は「『自律』をキーワードに、それぞ...    
<記事全文を読む>